毎月1日 手向山八幡宮
 月次舞楽奉納祭
 開式 午後12時45分〜・奉納演奏 午後1時〜2時頃

2017年08月10日

平成29年10月5日(木)手向山八幡宮 御例大祭 転害会 舞楽奉納 参加者募集のご案内

平成29年転害会舞楽奉納1.jpg
<手向山八幡宮例祭 転害会 舞楽奉納 参加者募集のご案内>

来る10月5日(木)に行われます手向山八幡宮 例祭「転害会」にて、有志によります舞楽奉納を行います。つきましては是非とも皆様のご参加ご協力を賜りたく存じまして、こちらにご案内させて頂きます。

手向山八幡宮は東大寺の鎮守として勧進され、ちょうど雅楽伝来の時期にその歴史の連なる神社で、かつてはその例祭「転害会」には神輿の渡御に続き田楽や細男、そして数々の舞楽が奉納されました。しかしながら神仏分離の後は規模が縮小され、渡御や舞楽の奉納も行われなくなってしまっておりました。
そこで、雅楽伝来当時より続いたであろう光景をわずかでも甦らせるべく、昨年は有志一同により舞楽「蘭陵王」を奉納させて頂き、新しい歴史の一歩を踏み出すことが出来ました。

本年も引き続き博雅会 岩佐氏のご助力を賜りまして、舞楽「散手」を奉納させて頂きます。かつては奈良随一の規模を誇った「転害会」に、再び舞の姿・楽の音を甦らせる一大プロジェクト、また、天平時代より残る建築物であります「転害門」で舞楽を演じられる貴重な機会でもあります。
是非とも皆様のご賛同・ご参加を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

日時:平成29年10月5日(木)午前11時〜(9時頃現地集合予定)
場所:手向山八幡宮 転害門
演目:舞楽「散手」

尚、今回の演目「散手」はやや難易度の高い演目の為、大変恐縮ながらご参加はこちらの要件を満たす方とさせて頂きます。
 ・「散手 序・破」を演奏可能な方。これまでに「散手 序・破」の本番もしくはお稽古をされたことのある方。
 ・下記リハーサル日のいずれかにご参加頂ける方。

リハーサル日
9月22日(金)18:30頃〜 阿倍野区民センター集会室1にて
10月1日(日)時間・場所は調整中

参加無料・必要な方は装束貸出致します(白衣・足袋・草履はご持参ください)。

ご参加ご希望の方は9月21日までに「お問い合わせ」ページよりご連絡くださいませ。
posted by 林 哲至 at 18:08| 演奏予定
サイトトップへ戻る